トヨタ、「踊り場」のはずが最高益更新

さらなる拡大のアクセルを踏み込む日も近い?

14年度中にも燃料電池自動車をライバルに先駆けて発売する予定(梅谷秀司)

”ケチる”だけではない。トヨタはこの下期に部品メーカーに対する値下げ要求を見送った。半期に一度、仕入れ先と調達価格の改定交渉を行っているが、「私の知る限りでは値下げの見送りは初めて」(グループ会社トップ)という。

異例の措置には、トヨタとしてさらなる利益拡大がはっきりしたことで、その一部を取引先に”配分”し、サプライチェーン全体の強化を図る考えがある。もっとも、トヨタからの値下げ要求が途絶えたことで、部品メーカーにおける緊張感の緩みを憂慮する声が関係者の間から聞かれる。

独り勝ち批判を回避?

ただ、トヨタにとって値下げ見送りの影響額は数百億円程度。1円の円安で400億円の利益が押し上げられることを考えれば、痛みはほとんどないレベルだといえる。部品メーカーに余裕ができれば、円高に転じたときに値下げ要求に応じてもらえばよい――。今回の見送りにはそんな狙いも透けてみえる。

以前、トヨタ幹部は「社内では数字や1位にはこだわっていない」と話していた。だが、結果的にはさまざまな面でトップをモノにしてきたことも事実だ。日本企業として初の2兆円到達。円安のマイナス面も指摘される中、独り勝ち批判が起こるのは避けたいところなのかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。