岩田社長が復活、任天堂の成長シナリオは?

3DSと健康関連で本格回復できるのか

携帯型は次世代機投入でなく、3DS刷新での延命を選択した(右から岩田社長、武田玄洋専務、宮本茂専務)

復調の兆しが見え始めた任天堂だが、問題は来期から成長軌道に戻せるか。来期はWiiU向けの新作ゲームタイトルの発売が複数控えるが、大ブレイクするかを今から予測することは難しい。携帯型ゲーム機についても「本来なら、2016年頃に次世代機が発売されてもおかしくないが、3DSの刷新で延命を選んだ」(ゲームソフトメーカー幹部)。次世代機の発表を予測し、3DS向け新作ソフトの開発に慎重なソフトメーカーは少なくなかったが、任天堂は新型ゲーム機への世代交代でなく、現行機の延命を選んだ。大苦戦するWiiUに代わり、停滞気味だった3DSの刷新で流れを変えられるかであり、今年の年末商戦は正念場となる。

また今回の説明会で、もう1つの目玉となったのが、新規事業の概要である。16年度の収益化を目指し、「睡眠と疲労の見える化」を来年に事業化する。ベッドサイドに「QOLセンサー」を置くだけで、マイクロ波の非接触センサが睡眠中の体の動きや呼吸、心拍数などを自動計測するという。計測データはクラウドサーバーに送られ、分析・評価結果をもとに改善策をアドバイスし、個別サービスを行うビジネスモデルとなっている。この技術は米ResMed社と業務提携することで実現し、疲労状態推定技術については専門の研究者などと開発中という。

岩田社長自ら、「サービスイン前に任天堂がこれほど早い段階で説明することは珍しい」というタイミングで明らかにしたのは、パートナー企業を募るためにほかならない。ゲーム機同様にプラットフォームとして育てる狙いがあり、事前に概要を明らかにすることで、新規事業を早く育成する狙いがある。

 任天堂は今期の営業利益400億円の計画を掲げ(前期464億円の営業赤字)、4期ぶりの黒字化を目指している。しかし今年5月、岩田社長が「できるだけ早く任天堂らしい利益水準を取り戻したい」と発言したように、営業利益の400億円という数値は、回復途上の業績にすぎない。3DSのテコ入れや新規事業で、本格回復への道筋をつけることはできるか。就任12年目を迎えた岩田社長の背負う重責は増すばかりだ。

(撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。