老いの才覚 曽野綾子著

老いの才覚 曽野綾子著

1931年生まれの著者が老化度を計る目安としているのは「くれない指数」。どんなに若い人でも、「してくれない」と言い出したときが、その人の老化の始まりだという。他人に依存せず、自分の才覚で生きる、少なくとも生きようと希(こいねが)うべしと勧める。

それには、何ができるかを考えて、日常生活の営みを人任せにはしないこと。その時々にその人なりのできることをやればよく、能力が衰えてきたら、生活を縮める。いくつになっても「精神のおしゃれ」は大切。健康を保つために食べすぎない、夜遊びをしない。受けるより、与える側に立つと幸せ感は高まる。

自立した老人として、人生を面白く生きる才覚の持ち方を豊富な経験から説く。

ベスト新書 800円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。