韓国ネイバー、LINEが貢献し大幅増益

第3四半期は、前年同期比88%営業増益

 10月30日、日本の通信アプリ会社LINE(ライン)の親会社である韓国のネイバーが発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比88%増加した。LINEの売上高の伸びが寄与した。写真はLINEのロゴ。9月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai )

[ソウル 30日 ロイター] - 日本の通信アプリ会社LINE(ライン)の親会社である韓国のネイバー<035420.KS>が発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比88%増加した。LINEの売上高の伸びが寄与した。

営業利益は1890億ウォン(1億7946万ドル)。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト23人の予想平均は2010億ウォンだった。

前年同期の営業利益は1050億ウォン、前期は1910億ウォンだった。

LINEの純売上高は2085億ウォン(1億9800万ドル)で、前年同期比57.1%増加した。ゲームやスタンプの販売が好調だった。

ネイバーは、第3・四半期の売上高について約33%が海外事業によるものとし、LINEを含めた海外からの売り上げが業績を押し上げたとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT