韓国ネイバー、LINEが貢献し大幅増益

第3四半期は、前年同期比88%営業増益

 10月30日、日本の通信アプリ会社LINE(ライン)の親会社である韓国のネイバーが発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比88%増加した。LINEの売上高の伸びが寄与した。写真はLINEのロゴ。9月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai )

[ソウル 30日 ロイター] - 日本の通信アプリ会社LINE(ライン)の親会社である韓国のネイバー<035420.KS>が発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比88%増加した。LINEの売上高の伸びが寄与した。

営業利益は1890億ウォン(1億7946万ドル)。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト23人の予想平均は2010億ウォンだった。

前年同期の営業利益は1050億ウォン、前期は1910億ウォンだった。

LINEの純売上高は2085億ウォン(1億9800万ドル)で、前年同期比57.1%増加した。ゲームやスタンプの販売が好調だった。

ネイバーは、第3・四半期の売上高について約33%が海外事業によるものとし、LINEを含めた海外からの売り上げが業績を押し上げたとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。