「似合うメガネ」で顔の印象が一変する!

丸顔、ガッシリ顔、シャープなあご……

オシャレなアイウェアブランドの増加や、リーズナブルな価格のメガネショップの台頭で、いまやメガネはファッションアイテムの1つとして市民権を得ています。毎年トレンドの型が移り変わり、若い女子には伊達メガネだってもはや常識だとか。

とはいえ大人の男性のメガネは、流行だけにとらわれすぎてはいけません。大事なのは“自分に似合う”こと。メガネ選びの基本、顔の形とメガネの形の相性をおさらいしましょう。

顔全体の印象に影響を与えるメガネ

当記事はIGNITE(運営:ターゲッティング)の提供記事です。

■丸顔は角張ったメガネで引き締める

柔らかな印象の丸顔の男性に似合いやすいのは『スクエア・タイプ』。メガネの直線と角が、丸っこい印象を引き締めてくれます。

知的でシンプルな『スクエア・タイプ』は、ビジネスシーンなどにも取り入れやすいメガネでもあります。

後述する『ウェリントン・タイプ』など、重厚な印象の大きなメガネは、顔全体の印象を重くしてしまうこともあるので、要注意です。

次ページ面長タイプに合うのはどれ?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT