藤井隆「新婚さん」司会抜てきに誰もが納得の理由 この番組の司会者にふさわしい3の要素を持つ

印刷
A
A
1971年に始まった『新婚さんいらっしゃい!』の司会者が変わります(写真:ちゃんた/PIXTA)

1971年に始まった『新婚さんいらっしゃい!』(ABCテレビ)は、実に半世紀以上前から放送されているテレビ界の文化遺産的な番組である。長く続く番組は私たちの日常にすっかり溶け込んでいるので、誰もが当たり前のようにそれを眺めている。

だが、一歩立ち止まって冷静に考えてみると、『新婚さんいらっしゃい!』というのは、ほかに類を見ないなかなか珍しい形の番組であることに気付かされる。

『新婚さんいらっしゃい!』の新司会者は藤井隆

レギュラーの出演者は司会を務める桂文枝と山瀬まみの2人のみ。毎週さまざまな一般人の新婚カップルをゲストに迎えて、彼らの馴れ初めなどの話を聞いていく。芸能人ではない一般人のトークだけで30分の番組を構成するというのは、現代のテレビの常識からするとなかなか挑戦的なことをやっていると言える。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

それが成立するのは、キャラが立っていて面白い一般人を発掘する番組側のノウハウと、彼らの話を引き出す司会者の卓越した技術があるからだ。『新婚さんいらっしゃい!』は、一見するとほのぼのとしたゆるい雰囲気の番組に見えるが、実は最も難しいことに挑戦し続けているスリリングな番組なのだ。

1月30日、そんな『新婚さんいらっしゃい!』の新司会者を藤井隆が務めることが正式に発表された。1971年の番組開始から50年以上にわたって司会を務めた桂文枝に代わって、藤井が番組の顔として歴史を作っていくことになる。アシスタントも山瀬まみから井上咲楽にバトンタッチされる。

文枝が番組を降板することが報じられたときから、後任が誰になるかというのは世間でも噂になっていた。その中でも「藤井隆待望論」が持ち上がっていた。そして、実際に彼が大役を務めることになったので、この人選にはほとんどの人が納得したはずだ。

個人的にも藤井の抜擢は大賛成である。彼はこの番組の司会者にふさわしい3つの要素を備えていると思うからだ。

1つ目は「誰に対しても礼儀正しく、好感度が高い」ということだ。芸人というのは、ときには笑いのためにあえて他人を悪く言ったり、厳しい言葉を投げかけたりすることがあるものだ。それが行き過ぎると、一般の人に嫌われたり避けられたりしてしまうことがある。

次ページ白羽の矢が立った2つ目の理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT