勃興インドネシアで日本車「激戦」火ぶた

7月末、インドネシアの首都ジャカルタ。今年のモーターショーは約28万人の来場者であふれかえった。驚くのは会期中、1万台もの購入契約が結ばれたことだ。実に30人に1人が、家電製品でも買うような調子で、購入のサインをしたことになる。

インドネシア日産自動車の木村隆之社長も、この数字には思わず舌を巻いた。「1人当たりGDPが3000ドルに達すると、モータリゼーションが始まる。2500~2600ドルまできたインドネシアも、その入り口に立った」。

2009年こそ世界経済危機の影響で、国内新車販売は50万台を割り込んだ。が、反発力がすごい。今年は史上最高の70万台乗せは間違いなし。ASEAN(東南アジア諸国連合)主要5カ国で販売台数首位のタイと肩を並べる規模になる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。