勃興インドネシアで日本車「激戦」火ぶた

7月末、インドネシアの首都ジャカルタ。今年のモーターショーは約28万人の来場者であふれかえった。驚くのは会期中、1万台もの購入契約が結ばれたことだ。実に30人に1人が、家電製品でも買うような調子で、購入のサインをしたことになる。

インドネシア日産自動車の木村隆之社長も、この数字には思わず舌を巻いた。「1人当たりGDPが3000ドルに達すると、モータリゼーションが始まる。2500~2600ドルまできたインドネシアも、その入り口に立った」。

2009年こそ世界経済危機の影響で、国内新車販売は50万台を割り込んだ。が、反発力がすごい。今年は史上最高の70万台乗せは間違いなし。ASEAN(東南アジア諸国連合)主要5カ国で販売台数首位のタイと肩を並べる規模になる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT