勃興インドネシアで日本車「激戦」火ぶた

7月末、インドネシアの首都ジャカルタ。今年のモーターショーは約28万人の来場者であふれかえった。驚くのは会期中、1万台もの購入契約が結ばれたことだ。実に30人に1人が、家電製品でも買うような調子で、購入のサインをしたことになる。

インドネシア日産自動車の木村隆之社長も、この数字には思わず舌を巻いた。「1人当たりGDPが3000ドルに達すると、モータリゼーションが始まる。2500~2600ドルまできたインドネシアも、その入り口に立った」。

2009年こそ世界経済危機の影響で、国内新車販売は50万台を割り込んだ。が、反発力がすごい。今年は史上最高の70万台乗せは間違いなし。ASEAN(東南アジア諸国連合)主要5カ国で販売台数首位のタイと肩を並べる規模になる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。