インド最大手IT、日本を4000人体制に

インドの注目企業<3> タタコンサルの日本事業

――統合により、日本人従業員の方が多くなりました。

私たちはグローバル企業であり、グローバルビジネスのために人を採用、トレーニングしています。特にインドと日本のためには、「TCSジャパン・テクノロジー・アンド・カルチャー・アカデミー」を設立しました。両国のIT技術者が技術や文化、そして互いの理解を深めることを目指しています。

――インドと日本の間の文化の違いをどうみていますか。

文化の壁はどこにでもあり、国家間だけではなく同じ国の企業間にもあります。どの企業も独自の文化を持っているからです。この「違い」を認識する必要があります。さもなければ、課題や問題を本当には解決できませんから。

言い換えれば、文化的な違いを認識してこそ文化的な課題を克服できるのです。インドと日本に関しては、一緒に働くことが多いほど課題も克服しやすくなります。日本とインドの間におけるベストプラクティスを、私たちのアカデミーが示していけることを願っています。

従業員を4000人まで増やしていく

――日本市場での目標を教えて下さい。

顧客である日本企業のグローバル化と成長を助けるには、ローカルとグローバル双方のスキル・知識を組み合わせて提供できなくてはなりません。そのために、日本での従業員数を4000人まで拡大することが必要だと考えています。

現在は、ITがさらなる成長やグローバル展開を目指す企業の基本と位置づけられる面白い時代です。グローバル展開を目指す日本企業がデジタル戦略を再構築できるように、私たちはかなりの投資を行っています。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。