【産業天気図・重電】世界景気の2番底懸念漂う、円高も打撃。視界不良の「曇り」が続く

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

重電大手3社の景況感は、円高や世界景気の2番底懸念など不透明感を受け、2010年10月から1年通じて「曇り」となる見通し。

日立製作所、東芝、三菱電機とも4~6月期(第1四半期)は想定以上に好業績だった。日立は上期業績予想のみを上方修正(営業利益で450億円増額)、三菱は上期予想を上方修正(営業利益で200億円)、通期予想も同額上方修正(下期予想は据え置き)している。東芝は予想を修正していない。

09年に各業界が凍結していた設備投資が、10年に動き出していることが背景にある。三菱はFA関連が復調、日立が子会社で手掛ける半導体製造装置など活況を呈している。半導体市況そのものも需給はタイトでNANDフラッシュメモリの価格は高止まっており、東芝の業績に追い風になっている。

業績の先行きに暗雲が漂っているのは事実だが、実際に事業面でのマイナスは円高とテレビ関連の失速があるで、少なくとも8月中はそれほど現れていない。4~9月期(上期)は各社の予想よりも上振れ、前年同期比で大幅増益は間違いない。

しかし、10月以降もこのままの状況が続くことも考えにくく、上期に比べて事業環境が悪化するのは避けられない。問題はその落ち込みがいつ顕在化し、落ち込み幅がどの程度にとどまるか、だ。

現状では穏やかな減速にとどまる前提で、上期の上振れ分の貯金を生かし、通期でも増益予想を維持している。単純な上下の利益比較では下期増益予想だが、もともと10月~11年3月(下期)に利益が偏重する事業構造を考えると下期減速だ。ただ、後半の「曇り」は「谷の深さが見通せない」という意味合い。展開次第では、もう一段の悪化もありうる。
(山田 雄大=東洋経済オンライン)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。