ノーベル経済学賞、ティロール氏の功績とは

<動画>銀行オーナーの行動原理を分析

ティロール氏は、その後トゥールーズ第一大学における記者会見に姿を現した。「フランスの場合には、次世代への投資が最優先されるべきです」とノーベル賞受賞者は語った。「私は、フランスには十分な可能性があると考えています。しかし、現代に適応することが求められており、若い世代に明るい未来を与えるためには、数多くの改善、公債の減少などが必要です」。

ヨーロッパの各銀行は、今回の受賞に強く注目することだろう――。新たに設けられた規制が多くの銀行に変化を求めることになるためだ。各銀行が、次に訪れる金融危機に持ちこたえることができるかを確認するため、新たな厳しいストレステストが設けられたのである。その結果は、2週間以内に出る見通しだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。