ノーベル経済学賞、ティロール氏の功績とは

<動画>銀行オーナーの行動原理を分析

仏トゥールーズ第一大学経済学部のジャン・ティロール教授

フランス政府は財政のバランスに苦しんでいるところだが、ノーベル賞の栄誉のひとつがフランスの経済学者に贈られることとなった。

スウェーデンの王立科学アカデミーのメンバーであるスタファン・ノーマーク氏は次のように語った。「今年の経済学賞は、巨大企業の抑制に関する研究に贈られます。スウェーデン王立科学アカデミーは、2014年のアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞を、フランスのトゥールーズ第一大学のジャン・ティロール教授に授与することを決定しました」。

銀行のオーナーの原動力とは何か

ティロール氏は、市場への規制は慎重に適用される必要があるということを示した、とアカデミーは評す。

プライス・キャップ方式などの一般的な規制は、悪く働くことのほうが多い。投資銀行は特に、より強固な管理体制が必要となる。ノーベル委員会のトール・エリングセン委員長は語る。「ジャン・ティロール氏は、銀行のオーナーたちの原動力となるものが何であるかを究明するための労を惜しみませんでした。何が彼らの目的か。規制が緩やかなとき、彼らは何をしようとするのか。そしてティロール氏は、彼らが公益という観点からほど遠い、とてつもなく大きなリスクをとる方向に動くという結論に達したのです」。

次ページティロール氏の言葉とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。