「5代目レンジローバー」超高級SUV最新進化の全貌 デザイン、走り、機能、装備は一体どう変わったか

印刷
A
A
世界最高峰SUVともいえる新型レンジローバーの実力は?(撮影:尾形文繁)
この記事の画像を見る(43枚)

ランドローバー・レンジローバーは1970年、オフロード走行を前提とした乗用車で初めて「ラグジュアリーであること」との両立を目指したモデルとして登場した。イギリス王室をはじめとする上流階級がレジャーに使う多目的車として、50年あまりにわたって愛されてきた。

歴代のモデルは、SUVとして初めてABS、電子制御エアサスペンション、トラクションコントロール、オールアルミ・ボディーなどを採用、ランドローバー・ブランドの最上級モデルとしてつねに技術的なアップデートを重ねた。

日本上陸のタイミングでいうと、1995年、2002年、2013年にそれぞれモデルチェンジが実施され、このたび1月17日に正式発表されたのが5代目となる。レンジローバーのような大名跡ともなると、「何代目」と呼ぶのもしっくりくる。

“歴代で最も欲しくなるレンジローバー”が開発で目指したところであるとされる、この新型について紹介していこう。

5代目レンジローバーの基本構成

レンジローバーのプラグイン・ハイブリッド(PHEV)モデルは2018年に日本にも導入されているが、新型は元から電動化を見据えて設計された初のランドローバーであり、2024年には電気自動車(BEV)がラインナップに加わる。新型の開発には7000人が関わり、延べ700万時間を費やした。実走テストは120万kmにわたったという。関連して125件の特許も取得している。

電動化対応プラットフォームはMLA-Flex(Flexible Modular Longitudinal Architecture)と呼ばれる。旧型比でねじれ剛性が50%強化され、シャシーから発生する騒音の侵入は24%減少した。70個のコントロールモジュールと、Pivi Proと呼ばれるナビゲーションを含むインフォテインメント・システムは、ワイヤレスでアップデートできる。

サスペンションは、もちろん前後ともエアスプリングを備え、電子制御されるツインバルブ・モノチューブ式可変ダンパーと組み合わせられる。従来の油圧式に代わって電動式となったロール制御機構(ダイナミックレスポンスプロと呼ばれる)と併せて、ロールの減少、乗り心地とステアフィールの向上を両立させた。

次ページ初の機構としてオールホイールステアリングを採用
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT