日本の不動産業界および不動産投資法人(J-REIT)、不動産市況は底を打ちつつあるため、業界見通しを「安定的」に変更《ムーディーズの業界分析》


コーポレート・ファイナンス・グループ
アナリスト 高橋良夫
ストラクチャード・ファイナンス・グループ
アナリスト 山本秀康

ムーディーズは、2008年以降「ネガティブ」であった日本の不動産業界に対する見通しを、「安定的」に変更した。この見通しは、向こう12~18カ月間の業界環境の方向性を示すものである。

見通しを変更した理由は、09年に大幅なマイナス成長を記録した日本経済が、以降、緩やかながらも回復基調にあり、不動産市況も底を打ちつつあるためである。足元では、先進国経済の減速や円高もあり、景気の改善速度に対する不透明感はあるものの、今後12~18カ月を見通した場合、日本経済のマイナス成長が継続するなどして、不動産市況の悪化が続く可能性は低いであろう。

1. マクロ経済の見通し
 日本の実質GDP成長率は、世界的な景気後退の影響を受け、09年に約5%のマイナス成長を記録した。しかしながら、その後は各国政府の景気対策や新興国の経済成長に支えられ、日本経済は緩やかながら改善傾向にある。ムーディーズは、10年と11年の実質GDP成長率を1.5~2.5%の間と予想しており、不動産業界の見通しもこのシナリオを前提としている(現在の市場コンセンサスもほぼこの範囲内)。

人気記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。