日本の不動産業界および不動産投資法人(J-REIT)、不動産市況は底を打ちつつあるため、業界見通しを「安定的」に変更《ムーディーズの業界分析》


コーポレート・ファイナンス・グループ
アナリスト 高橋良夫
ストラクチャード・ファイナンス・グループ
アナリスト 山本秀康

ムーディーズは、2008年以降「ネガティブ」であった日本の不動産業界に対する見通しを、「安定的」に変更した。この見通しは、向こう12~18カ月間の業界環境の方向性を示すものである。

見通しを変更した理由は、09年に大幅なマイナス成長を記録した日本経済が、以降、緩やかながらも回復基調にあり、不動産市況も底を打ちつつあるためである。足元では、先進国経済の減速や円高もあり、景気の改善速度に対する不透明感はあるものの、今後12~18カ月を見通した場合、日本経済のマイナス成長が継続するなどして、不動産市況の悪化が続く可能性は低いであろう。

1. マクロ経済の見通し
 日本の実質GDP成長率は、世界的な景気後退の影響を受け、09年に約5%のマイナス成長を記録した。しかしながら、その後は各国政府の景気対策や新興国の経済成長に支えられ、日本経済は緩やかながら改善傾向にある。ムーディーズは、10年と11年の実質GDP成長率を1.5~2.5%の間と予想しており、不動産業界の見通しもこのシナリオを前提としている(現在の市場コンセンサスもほぼこの範囲内)。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT