日本の不動産業界および不動産投資法人(J-REIT)、不動産市況は底を打ちつつあるため、業界見通しを「安定的」に変更《ムーディーズの業界分析》


5.格付けへの影響
 日本の大手不動産会社については、08年の不動産サイクルのピークにかけて行った積極的な投資の影響で、レバレッジが高水準となっている会社が多い。また、その後の景気後退の影響で、主力事業であるオフィス賃貸やマンション分譲事業の収益が圧迫されている。このため、ムーディーズは過去1年にわたり、全般的に下方向の格付けアクションを取ってきた。しかしながら、事業環境は安定化してきており、今後の格付けアクションは、各社の収益やバランスシートの改善に向けた取り組み次第となろう。

6.J-REIT
 J-REITにおいても、大手不動産会社と同様、積極投資によるレバレッジの上昇、景気後退による賃貸収益への影響が見られたことに加え、金融危機以降の資金調達環境の悪化もあったため、08年以降は下方向のアクションを取ってきた。

[+]画像拡大

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。