日本の不動産業界および不動産投資法人(J-REIT)、不動産市況は底を打ちつつあるため、業界見通しを「安定的」に変更《ムーディーズの業界分析》


 しかしながら、09年9月の不動産市場安定化ファンドの設立を契機に、J-REITセクターへの資金流入が徐々に好転し、セクター全体として資産拡大の動きが復活。公募増資や社債発行など資金調達環境の改善が進んでいる。さらに、合併や新規物件取得によってポートフォリオの厚みを増す発行体が増える一方、資産売却や増資が活発化してきたことによって、レバレッジ管理の柔軟性が増している。こうしたことから、ポートフォリオからの収益やレバレッジを含む財務面での改善が見込まれるJ-REITから、格付けは安定化していくであろう。

[+]画像拡大

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。