イオン、「ダイエー完全子会社化」で目指すもの

スーパーマーケット子会社の改善が急務に

 9月23日、イオンはダイエーを完全子会社化し、早期再建を図る方針を固めた。写真はイオンのロゴマーク。都内で2007年4月撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 23日 ロイター] - イオン <8267.T>は、ダイエー <8263.T>を完全子会社化し、早期再建を図る方針を固めた。24日午前にダイエーが取締役会を開き、正式に決める。ダイエーを含むスーパーマーケット子会社の改善はイオンにとって急務となっており、グループ企業を含めた再編の検討を進める。

ダイエーは「イオンとの間で、当社の営業力強化と成長への事業改革について、完全子会社化を含む検討を行っている」とのコメントを発表した。関係筋によると、ダイエーが臨時株主総会を開き、賛成を得られれば、株式交換を実施する。

イオンは、2013年8月にダイエーを連結子会社化した。14年2月末現在で44.15%の株式を持つ筆頭株主。

ダイエー子会社化後は、イオンから社長を送り込み、経営関与を強めてきた。老朽化した店舗の改装や惣菜を強化するなど食品スーパーに特化するなど改革を図ったが、14年2月期で6期連続の最終赤字になるなど、好転はみられない。特に、3―5月期はダイエーの連結化がイオンの業績の足を引っ張り、最終利益は前年同期比90.1%減の13億円にとどまった。

一方、イオンもグループのスーパー事業は苦戦しており、抜本的な改革が急務となっていた。ダイエーとイオンで重複する領域の整理も必要となっており、ダイエーを100%子会社化することで、こうした「整理」をスピードアップしていく体制を整える。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT