双子パンダ1月公開「日中ラジオ流し準備」の理由

過去には公開時に興奮して逃げ出したパンダも

シンシンと、双子のレイレイ(左)とシャオシャオ。2021年12月13日撮影(写真:公益財団法人東京動物園協会提供)  
上野動物園で初めて生まれた双子のジャイアントパンダが約1カ月後に公開されます。かつて同園で生まれたパンダたちには、初公開を巡って、さまざまなドラマがありました。

雄のシャオシャオ(暁暁)が双子の雌のレイレイ(蕾蕾)にじゃれついておしりを噛んだり、食事に夢中の母シンシン(真真)にレイレイが近寄って、シンシンに足をのせられたりと、元気いっぱいのジャイアントパンダの親子。12月23日に生後半年を迎える双子は、シンシンと一緒に2022年1月12日から公開される。東京都の小池百合子知事が12月10日の定例会見で明らかにした。

上野動物園が12月16日に公表した観覧方法によると、1日当たりの観覧者数は当分の間、抽選に当たった最大1080人。観覧時間は1分程度だ。応募はインターネットのみで、12月21日に受付が始まる。公開時間は午前10時~12時に限られ、順次拡大する予定だが、観覧が「激戦」になるのは間違いない。双子の姉のシャンシャン(香香)の初公開時もそうだった。

シャンシャンの観覧抽選は最大144倍

シャンシャンの一般公開は2017年12月19日にスタート。抽選での公開は、2018年1月31日まで約40日間続いた。当時は、1日の観覧者を約400組(1組5人まで)として、約2000人を募集。最も応募が多かった日は2017年12月23日で、5万7585組の応募があり、倍率は約144倍に上った。

抽選システムは、ぴあ(東京都渋谷区)が手がけた。抽選は4回(約40日を約10日ずつ)行われたが、応募ページへのアクセス集中で、なかなか応募できなかった。筆者は4回のうち1回を応募できず、残り3回はハズレだった。

観覧希望者の多さは、上野動物園にも混乱をもたらした。抽選の応募受付が2017年12月6日に始まると、連日多くの苦情電話が上野動物園に寄せられた。

『東京動物園協会70年史』(東京動物園協会、2018年11月)によると、「応募方法がわからない」「電話もインターネットもつながらない」といった問い合わせで、電話は鳴りやまなかったそうだ。抽選後は、当選チケットの転売や同伴者の有料募集がインターネット上に現れた。これらは上野動物園が禁止している行為だ。

次ページ当選すればプラチナチケット?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT