現地暮らしの日本人が通う、社交の場とは?

<動画>フランクフルト在住数学者の週末ランチ

前回“超多忙”な中での平日ランチを紹介してくださった、フランクフルト在住の数学者、浅井雄介さん(36歳)。今回は週末編。リラックス感の漂うランチだ。

今や”SUSHI”は世界中の国で見かけるようになったが、新鮮で種類豊富な握りが食べられる場所はまだ少ない。

そんな中、現地日本人の“寿司欲”“和食欲”を満たしてくれる貴重な場所が、日本食レストランだ。浅井さんも、休日ともなると馴染みの日本食レストランに顔を出す。

そして彼がここに通うもうひとつの目的は、現地邦人同士の情報交換だ。常連には日本企業の現地駐在員も多く、日本の経済情勢から流行まで、生の情報を仕入れる場になっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT