現地暮らしの日本人が通う、社交の場とは?

<動画>フランクフルト在住数学者の週末ランチ

前回“超多忙”な中での平日ランチを紹介してくださった、フランクフルト在住の数学者、浅井雄介さん(36歳)。今回は週末編。リラックス感の漂うランチだ。

今や”SUSHI”は世界中の国で見かけるようになったが、新鮮で種類豊富な握りが食べられる場所はまだ少ない。

そんな中、現地日本人の“寿司欲”“和食欲”を満たしてくれる貴重な場所が、日本食レストランだ。浅井さんも、休日ともなると馴染みの日本食レストランに顔を出す。

そして彼がここに通うもうひとつの目的は、現地邦人同士の情報交換だ。常連には日本企業の現地駐在員も多く、日本の経済情勢から流行まで、生の情報を仕入れる場になっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT