「学校は行かなくていい」母の一言に私が泣いた訳 中2で不登校、やってきた担任に母は…

拡大
縮小
中2で不登校を経験した星川葉さん(写真:不登校新聞)

中2で不登校を経験した星川葉さんは、両親からの言葉に傷つき、また支えられたという。両親の言葉とはどんなものだったのか、ご自身の経験を執筆いただいた(※写真は星川葉さん)。

地獄の日々は転校を機に始まった

中学2年生の秋ごろ、私は転校を経験した。地元の中学や友だちが大好きだったので「転校したくない」と私は両親に訴えた。でも、家の事情や学区の縛りでどうすることもできず、田舎の中学への転校が決まってしまった。

当記事は不登校新聞の提供記事です

そして転校を機に私の地獄の日々は始まった。新しい学校での生活は、とまどいの連続だった。学年のクラス数は倍以上に増え、制服もリボンの結び方さえわからないセーラー服になった。なかでも1番つらかったのは友人関係だった。まわりの子に声をかけ、私は必死にクラスになじむ努力をしたけれど、うまくいかなかったのだ。クラスメイトからの誘いを1度断っただけで、あからさまにイヤな顔をされ次の日からは声をかけても無視をされた。 ほかの子に話しかけてみても、一応仲間には入れてはくれるものの部外者の私は空気のように居ない存在として扱われるだけだった。

グループ意識が強く輪にも入れてくれないクラスに私はしだいに疑問を感じるようになった。そして、私はクラスから孤立した。1日中誰とも話さなくなり、学校ではただ時間がすぎるのを待つだけ。息苦しい毎日をこなすたびに「転校さえしなければ」という後悔だけが、私のなかで膨らんでいった。

それでも、私は自分の心のうちを親に話すことはしなかった。それは、両親から「人に迷惑をかけるな。正しいことをして、胸を張って生きなさい」とつねに言われていたからだ。厳格な両親に学校のつらさと不満を話すなんてできなかった。

次ページしかし状況は変わらず…そして
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT