箱根登山ケーブルカー、どこで運転しているのか

開業100年の歴史、一般的な鉄道と何が違う?

山上の早雲山駅に到着したケーブルカー。先頭に乗務するのは運転士でなく車掌だ(記者撮影)
この記事の画像を見る(75枚)

関東を代表する行楽地、箱根は温泉や美術館といった観光スポットだけでなく、乗り物の宝の山でもある。新宿から小田急ロマンスカーで箱根湯本駅に到着した後、登山電車、ケーブルカー、ロープウェー、芦ノ湖の観光船をぐるっと乗り継ぎ、バスで下山する「箱根ゴールデンコース」が定番のルートとなっている。

箱根登山電車は、スイッチバックで方向を変えながら、急曲線と急勾配をこなして渓谷を渡り、強羅駅まで四季折々の景色を楽しませている。一方、ロープウェーは早雲山駅と芦ノ湖畔の桃源台駅までを結び、眼下に広がる大涌谷の360度の大パノラマが観光客に人気だ。

開業100周年を迎えたケーブルカー

登山電車とロープウェーの駅をつなぐのが「箱根登山ケーブルカー」。ほかの乗り物ほどビューポイントに恵まれたわけではなく、強羅駅から早雲山駅までの山の斜面1.2kmをほぼ真っすぐ、地道に上り下りしている。変化があるとすれば、途中の4駅での停車と、反対方向から来る車両とのすれ違いくらい。だが、一般的な鉄道とは大きく異なる動く仕組みを知れば、その奥深さに引き込まれる。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

箱根登山ケーブルカーは2021年12月1日に開業100周年を迎えた。日本では近鉄生駒鋼索線に次いで2番目に古い。第2次世界大戦中から戦後にかけ、廃止された時期が6年5カ月あり、周辺の自然災害の影響などの苦難も乗り越えてきた。

路線は登山電車の終点、強羅駅(標高541m)とロープウェーの乗り場がある早雲山駅(同750m)を結ぶ。途中には公園下、公園上、中強羅、上強羅の4駅があり、中間の複線部と呼ぶ区間で上りと下りの編成が行き違う。一番急な勾配は、1000m走る間に200m登る200パーミル、最もゆるい勾配は125パーミルだ。

次ページ一般の鉄道とは何が違う
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT