物価目標2%を達成することが最終目的ではない

一問一答・中川順子日銀審議委員インタビュー

日本銀行の中川順子審議委員はブルームバーグとのインタビューで、経済・物価情勢や金融政策運営、気候変動問題、女性活躍など幅広いテーマについて語った。インタビューは24日に実施した。詳細は以下の通り。

インタビュー記事はこちらをご覧ください。

-日本の経済・物価情勢、海外のインフレ懸念

「景気は引き続き厳しい状況にあるが、企業部門がけん引する形で基調としては持ち直している状態が続いており、前向きな循環メカニズムも継続している。物価は、携帯電話通信料の引き下げやGo Toキャンペーンの反動など一時的な要因もあって判断が難しいが、こちらも需給ギャップが大きく改善していない割には底堅い。海外のインフレ懸念については、産業構造や労働市場のあり方を含めて各国によって事情や状況が違うので、一概に比較はできない。ただ、日本も何らかの影響を受ける可能性があり、引き続き注視していくということに尽きる」

-政府の経済対策

「経済の大きな下支えになることを期待する。緊急事態宣言が明け、コロナの感染に気を付けながら経済を何とか回していきたい状況。今回の対策が実質的にも消費者のマインドにもいい影響を与えることを期待している」

次ページ資源価格の上昇と円安の進行
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT