元テスラの「天才エンジニア」が作った車のヤバさ

「モデルS」設計者が設立したルーシッドの凄み

この評価を手にした9月、ルーシッドはEPAのバッテリー航続距離ランキングの上位6位をすべてルーシッド車で塗り替え、それまで405マイルで最長記録を保持していたテスラ「モデルSロングレンジ」を首位の座から引きずり下ろした。

この航続距離は、軽量化に対するローリンソンの徹底したこだわりによってもたらされた。電動モーターも、そうした部品の1つ。ローリンソンは、その軽さを見せつけるために、プレゼンテーションではモーターを機内持ち込みサイズのスーツケースに入れて転がして見せたりする。

「高級路線」の本当の狙い

最初に放つ超高級モデルを通じて、ルーシッドの卓越した技術を世の中に知らしめる必要がある——。ローリンソンはルーシッド車の高価格を、こう言って正当化する。『ロード&トラック』は、ルーシッドはこれに成功したと考えている。

同誌は先月の試乗記で次のように書いた。「ルーシッドの上質さと比べると、テスラの内装などは食器棚の後ろに置かれた、ふたのちゃんと閉まらないプラスチック容器に見えてくる」。テスラにしてみれば、目も当てられない評価だ。

さらにルーシッドの最強バージョンは、フェラーリを抜くことだってできる。

ローリンソンによれば、EVを誰にでも手の届くものにすることが彼の究極の目標であり、市場投入したばかりの高級モデルはその足がかりにすぎない。ルーシッドは、数百万台規模でEVを安価に製造できる企業に、技術を有償供与することにも柔軟な姿勢を見せている。

「私がここにいるのは、高級車を売るためではない」とローリンソンは言う。「私がやろうとしていることは、EVの量産化なのです」。

(執筆:Niraj Chokshi記者、Jack Ewing記者)
(2021 The New York Times Company)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT