ANA、訪日客獲得へ新会社がテイクオフ

H.I.Sと国内旅行商品の合弁設立へ

H.I.Sは海外での店舗型販売で強みを発揮する(写真はタイ・バンコクの店舗)

「気合いの入れようが違う」。9月1日、都内で会見したANAセールスの白水政治社長はこう強調した。それだけ、ANAはH.I.Sと踏み込んだ関係を築こうとしているわけだ。

新会社が扱う旅行商品は58カ国、177拠点を持つH.I.Sの海外ネットワークを生かして販売する。ホテルや各種の観光素材を組み合わせた「ある程度、自由度のあるパッケージツアー型」(深木氏)になるが、ANAにとって最大のポイントはANA国内線の航空券を組み込むことだ。

航空・旅行アナリストで帝京大学非常勤講師の鳥海高太朗氏は、新会社が企画・造成する旅行商品では、海外から日本に来る際の航空会社をANAだけに限らず、ほかのフルサービスキャリアやLCC(格安航空会社)、場合によってはクルーズ船でもよい設計とした点に着目する。

「H.I.Sは日本の旅行会社の中では、海外の店舗型販売で圧倒的に強い。現地の人の利用が急速に増えており、ネット販売も含めて、ANAグループではアプローチできない海外の客にANA国内線の航空券を販売できるようになる」(鳥海氏)

国内需要の穴埋めを期待

ANAは51都市115路線と国内線で日本最大のネットワークを持つ。が、人口減や少子高齢化などにより、日本国内の航空需要は先細りが見込まれる。ANAも機材の小型化や不採算路線の見直しなどを進めているものの、効率化には限界もある。その落ち込みを少しでも和らげるために有望なのが、訪日外国人旅行客の移動需要である。

「何だかんだ言っても、最近の訪日旅行は国際線が就航している東京や大阪などの国際空港を発着するだけの需要が大きい。海外から日本の地方都市への観光はなかなか脚光を浴びづらかった」。H.I.Sの平林朗社長は言う。

次ページH.I.Sにとってもおいしい?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT