ヤクルト高津臣吾監督「緊張感は嫌いじゃない」 短期決戦となるCS戦や日本シリーズに向けて

拡大
縮小
セ・リーグの覇者となった東京ヤクルトスワローズ。高津臣吾1軍監督の最新インタビューです(写真:アルファポリス編集部)
2020シーズン、未曽有の事態に見舞われるなかで、リーグ最下位という悔しい結果に沈んだ東京ヤクルトスワローズ。今季は心機一転、投手陣の補強を最優先に掲げ、再起を誓う。
昨シーズンを踏まえ、「今年はさらに厳しくいく」と宣言する2年目の高津臣吾1軍監督は、新戦力が加わった新たなスワローズをどのように変革し、リーグ制覇を目指していくのか。
本連載では、今年もインタビュアーに長谷川晶一氏を迎え、高津監督の組織論から、マネジメント術、若手育成術まで余すところなくお届けしていく(本稿は第16回分を掲載)。

優勝を決めた後の数日間は「ホッ」

――10月26日、ついにセ・リーグ優勝を決めました。本当におめでとうございました。さて、歓喜の瞬間から10日ほど経過しました。改めて、現在の心境を教えてください。

高津 これから、クライマックスシリーズがあり、日本シリーズを控えているので、本当はそれじゃあいけないのかもしれないけど、優勝を決めて数日間はホッとしたというか、精神的にリラックスしていたというのが率直なところですね。これからクライマックスシリーズの対戦相手が決まると、そんな気持ちではいられないとは思いますけど。

――ここから11月末までは日本シリーズも含めて、まだまだ激戦が続きますからね。

高津 正直言えば、「パ・リーグがどう」とか、「日本シリーズをどうする」ということは、今はまだ頭にはないです。もちろん、スコアラーさんには「こんなデータがほしい」「こういう点を調べてほしい」という要望は出しているけれど、今はまだ「クライマックスシリーズを勝ち上がること」に集中しています。相手が阪神になるのか、巨人になるのかはわからないけど、「とにかくCSを勝ち抜くぞ!」という思いが強いです。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

――さて、10月20日の対阪神戦でマジック3としてから、しばらくの間足踏み状態が続きました。チームとしても、11失点を喫する大敗が3試合続きました。この間の心境はいかがでしたか?

高津 タイガースの戦いが気にならないと言えばウソになります。でも、僕自身としては「タイガースは負けないだろう」と思っていました。だから、「とにかく我々が勝つしかない」という思いしかなかったです。とはいえ、この間の試合内容があまりいいものではなかったので、重い空気というか、そういう状況になってしまったのかなという感じはします。

――9月から10月中旬までの快進撃があったので、なおさら停滞状況が際立っていたように感じられました。

高津 でも、うちの場合は負けてもガクッと引きずるようなチームではないので、そこまで暗くなったり、悲観的になったりはしていなかったと思いますね。僕自身も「勝つしかない」という思いだったし、「今日は負けても、明日勝てばいい」という考えでした。タイガースがずっと負けなかったけれど、「腹をくくって勝負するだけだ」と思っていたので、自分では平常心を保てていたとは思いますけどね。僕は元々、張りつめた緊張感とか、そういう状態は嫌いじゃないので、「楽しめた」と言うと語弊があるかもしれないけど、それに近い気分ではいましたね。

次ページ連敗の緊張状態はむしろ「楽しめた」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT