岸田首相が改革でなく分配を所信表明で訴えた訳

冷たい改革でなく血の通った改革をしっかりやる

岸田文雄首相が首相就任後、テレビに初めて生出演し、所信表明演説に盛り込んだ「血の通った改革」について語った(写真:FNNプライムオンライン)
この記事の画像を見る(6枚)
岸田文雄首相が10日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に出演した。首相就任後、テレビに生出演するのは初めて。
この中で、8日の所信表明演説で「改革」という言葉を一度も使わなかったことについて問われた首相は、「『改革』という言葉には市場原理主義、弱肉強食など何か冷たいイメージがついていると感じている。私の所信表明演説には、(「改革」の語はなくても)冷たい改革ではなく、血の通った改革をしっかりやろうということを盛り込んだつもりだ」と強調した。
去年10月に所信表明演説を行った菅義偉前首相は「改革」を16回使った。「分配」の語について、菅氏は一度も使わず、岸田氏は今回12回使った。
一方、岸田首相は、株式譲渡益や配当益に一律20%の税率を課す金融所得課税の見直しについて、「当面触ることは考えていない」と述べた。それよりも賃金の引き上げなどの施策を優先させる考えを示した。
首相は、自民党総裁選で「分配」の財源として金融所得課税の強化を検討する意向を示していた。しかし、今月末に衆院選を控える中、投資家心理を冷え込ませ、株価下落の一因となっているとの指摘があった。首相は「まず成長だ。(金融所得課税の強化を)すぐやるのではないかと誤解が広がっているが、しっかり解消しないと関係者に余計な不安を与える」と釈明した。
以下、番組での主なやりとり。

「分配と成長の好循環」の経済政策

松山俊行キャスター(フジテレビ政治部長・解説委員):(岸田首相は)経済政策で「分配と成長の好循環」を主張している。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

梅津弥英子キャスター(フジテレビアナウンサー):その「分配」という言葉を岸田総理は所信表明演説で12回使った。菅前総理の所信表明演説では一度も使われなかった。逆に、菅前総理が16回用いた「改革」は、岸田総理は一度も使わなかった。

松山キャスター:改革に後ろ向きなのではないかとしてマーケットが冷え込んだという見方もあるようだが。

岸田文雄首相:改革という言葉には最近、市場原理主義とか、弱肉強食とか、何か冷たいイメージがついていると感じている。所信表明演説では、例えば、財政の単年度主義からの脱却、デジタル(化)を思いっきりやる、成長、改革にしっかり取り組むことを盛り込んでいると自負している。冷たい改革ではなく、血の通った改革をしっかりやろうということを盛り込んだつもりだ。バイオ、量子、宇宙、デジタルなど新しい分野での成長をしっかり前進させていきたい。

次ページ労働力の流動性については
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT