古田新太「役作りはしない」と言い切る明快な理由

鮮烈な個性と存在感を放つ役者の思いとは?

舞台、映画、テレビ、ラジオなど、出演するすべてのシーンで鮮烈な個性と存在感を放つ古田新太さん。7年ぶりの主演映画となった『空白』(9月23日公開予定)で、“見る者の心臓をあわだてる悪夢のような父”を演じた古田さんに、役者として、父親としての思いを伺いました。(写真:椙本裕子)
この記事の画像を見る(7枚)
ある時は女装家の高校教師、ある時はアル中のホームレス、そして芸能事務所のやり手社長、と何を演じても“ならでは”の強烈なリアリティーを感じさせる名バイプレーヤーの古田新太さん。その古田さんが7年ぶりに主演を務めた映画『空白』(9月23日公開予定)では、“見る者の心臓をあわだてる悪夢のような父”を演じています。舞台、映画、テレビ、ラジオなど、出演するすべてのシーンで鮮烈な個性と存在感を放つ古田さんですが、そのエネルギーはどこからくるのでしょうか。役者として、父親としての思いを伺いました。
(文:木村千鶴 スタイリスト:渡邉圭祐 ヘアメイク:田中菜月)

監督がよければ、それでいいのかな

──7年ぶりの映画主演、おめでとうございます。『空白』、とても面白かったです。

古田:ありがとうございます(ニコニコの笑顔)。

本記事はLEON.JPの提供記事です

──今回は不慮の事故で中学生の一人娘を失った父親が、死の原因となったスーパーの店長(松坂桃李)を追い詰めていくというお話です。宣伝コピーだけを見ると“偏屈で横暴なモンスター”といったイメージでしたが、物語が進むにつれて、それだけではないいろんな面が描かれていきます。役作りについては、かなり監督と話し合われたんでしょうか。

古田:これが全然ないんですよ。吉田監督からも何にも言われてないし、オイラも「こうしてみようと思うんですよね」とかの会話もなく。で、クランクインのときに「オイラで大丈夫ですかね?」って言ったら、すっごく軽いノリで「大丈夫だと思いますよ! 古田さん、クランクインです~」って言われて始まっちゃって(笑)

──打ち合わせもないまま、いきなり始まるんですか!?

古田:はい(笑)。でも、監督がよければ、それでいいのかなと。映画は監督のものなんですよ。だから俳優は、その場その場で言われたことを全力でやるってだけでいい。そもそも台本があるわけだから“この人は多分こういうつもりでいるんだろうな”って想像はしますよ。それで監督に言われたことに対して、全力で思ったことを表現するけど、自分から「こんな表現がしたいです」とかは、まず言わないです。

次ページお芝居しているように見えたら恥ずかしい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT