ネット選挙運動解禁には6割が賛成、戸別訪問解禁には6割が反対--東洋経済1000人意識調査

ネット選挙運動解禁には6割が賛成、戸別訪問解禁には6割が反対--東洋経済1000人意識調査

インターネットを使った選挙運動の解禁には6割超が賛成(賛成およびどちらかといえば賛成の合計)だ。男性では7割弱が賛成、一方、女性では5割と性別によって差がついた。年齢や地域による差は大きくない。

戸別訪問の解禁については6割強が反対(反対およびどちらかといえば反対の合計)だ。「現状のままでよい」は戸別訪問の禁止を継続することを意味するので、戸別訪問には8割弱が反対していることになる。性や年齢や地域による差はあまりない。



■性別・年齢別クロス集計

・選挙期間中のインターネットを利用した選挙活動の解禁

・インターネットによる選挙公報の掲示

・選挙期間中の戸別訪問の解禁


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。