野生の象を怒らせ「踏まれた男」の衝撃的瞬間

毎年500人以上の人と100頭のゾウが衝突で死亡

なぜ男は象に踏み潰されたのか?(写真:StuPorts/iStock)
<ネット上では、ゾウを刺激した群衆に非があるとの意見が多数派>

先月25日、インド北東部のアッサム州で男性がゾウに踏まれて死亡するという事件が発生した。

この事件の決定的瞬間を捉えた動画がソーシャルメディア上で広く拡散された。多くのコメントが、ゾウの群れを刺激した群衆に非があると指摘している。

誰を責めたらいいのだろう

地元紙アッサム・トリビューンによると、この事件はモロンギ茶園で起こった。インド森林局の職員であるパルビーン・カスワンは、「1人の人間が命を落とした。誰を責めたらいいのだろう」というコメントとともに映像をツイートした。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

動画には、森林保護区の外にある公道を横断するゾウの群れと、その光景に目が釘付けとなった人々が映っている。車のクラクションが鳴り響き、群衆の一部はゾウに向かって叫んでいる。黄色い旗を振る男性の姿も。

やがて1頭のゾウが群れから離脱して向きを変えると、群衆の方へと走り出した。逃れようとした男性の1人が転倒すると、数回踏みつけ、そのゾウは群れの方へと戻っていった。

被害者は45歳の男性で近くの病院へと運ばれたが、その日の夜に死亡した。

次ページ人間と象、どちらに責任があるのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT