Uberが東京全域へエリア拡大、その次は?

ハイヤー配車に加え、タクシー配車にも進出

社会のためになるような仕事をしたい・・・。その結果が、なぜウーバーなのだろうか。

「サンフランシスコではウーバーの1ユーザーとして頻繁に使っていた。なんでもカード決済できる、あらゆるビデオがネット経由で視聴できる、など米国で当たり前ことが日本では普及していない。ウーバーを普及させることは、日本の社会のためになると考えた」

「ウーバーは効率的なタクシーの運用に寄与するので、二酸化炭素の排出量を減らすことにつながる。ウーバーはクルマだけのサービスではない。すでに米国の一部都市では、自転車で小さな荷物をデリバリーするサービスをやっている。スマホだけで決済をできてしまうウーバーのテクノロジーを生かした新しいサービスをいろいろとやっていきたい」

東京以外へのエリア拡大も検討

今回、サービスエリアは広くなったものの、それでも東京都内(の乗車)に限られる。東京であれば、日本交通をはじめ、大手タクシー会社はスマホアプリを運用しているため、すでにスマホで迎車サービスを使っている人にとっては、あまり便利さを感じないかもしれない。

むしろ埼玉、千葉などの郊外や地方都市に出張した際に、ウーバーで簡単にタクシーを呼ぶことができれば、かなり便利だろう。高橋社長は「軌道にのれば次のステップとして当然、東京以外の地域への展開を考えていきたい」と語る。

軌道にのる、の基準について高橋社長は「ウィン・ウィン・ウィンになること」と言う。利用したお客さんが喜び、参加しているタクシー会社やドライバーが喜び、そしてウーバーにも適切な手数料収入が入れば、継続可能なビジネスモデルとして定着する、という読みだ。

現在、ウーバーには社員が数人しかいない。そこでタクシー・ハイヤー会社との連携を担当するオペレーションマネージャー、マーケティング戦略を進める人材を募集しているところ。業容拡大に合わせて、現在、渋谷駅のそばで借りているシェアオフィスからの本社移転も準備している。今回のサービスから、ようやく日本でのビジネスが本格化するようだ。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT