英航空ショー出展、中小企業「匠の技」とは?

盛んな商談、航空機ビジネスに食いこむ好機に

7月14~20日、世界最大の航空機関連の商談会として知られる「ファンボロー国際航空ショー」が開催された。英国ハンプシャー州ファンボロー空港で行われる展示会は、パリ国際航空ショーと交互、つまり2年に1度行われる展示会だ。エアバス、ボーイングが民間航空機の受注でしのぎを削るほか、軍用の航空機や武器の商談も盛んに行われる。

その展示会場に、「SAITAMA JAPAN」と書かれたブースがあった。

埼玉県から5社が展示

この記事は「東京防衛航空宇宙時評」とのコラボレーションでお届けしています

このブースを出したのは、埼玉県産業振興公社。ファンボロー国際航空ショーへの出展は今回が初めてである。

黒地に桜の絵が鮮やかに描かれた「SAITAMA JAPAN」のブースには、地元中小企業を紹介するスペースが設けられ、スレンレスアート共栄(朝霞市)、アールディエス(大里郡寄居町)、内田精研(川口市)、キットセイコー(羽生市)、大槇精機(朝霞市)の5社の商品サンプルなどを展示した。各社が展示していたものを順に紹介すると次のようになる。

スレンレスアート共栄はステンレス、鉄、アルミの三次元精密板金加工メーカーで、機内の洗面台などの内装関連の受注を目指しての出展だ。

アールディエスは炭素コンポジットの加工、デザイン、3D加工、コンサルティングなどを手がけており、ドライカーボンを利用した310グラムという超軽量の松葉杖は2013年のグッドデザイン賞を受賞している。またグーグルが主催する月面無人探査を目指す宇宙開発レース「Google Lunar Xprize」に日本から唯一参加するispace 社とパートナーを組んだ無人探査車も展示した。

内田精研は金属研削加工の専業メーカーで、半導体、液晶製造装置部品・精密計測器部品・航空宇宙部品・工作機械部品・光ディスク金型部品・自動車試作部品などの研削加工を得意とする。

次ページエアバスも関心を示した
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。