タイ経済が2年連続でマイナス成長の恐れも

新型コロナ拡大、政情不安に観光業復活の遅れ

タイは今年、東南アジア諸国の中で経済回復が最も弱い国となる可能性が高い。新型コロナウイルス感染者の急増や政情不安の高まり、観光業復活への期待低下の中でエコノミストは引き続き経済成長率見通しを下方修正している。

98年以来となる2年連続のマイナス成長も

ブルームバーグがまとめたエコノミスト36人の調査によると、今年の国内総生産(GDP)は前年比1.8%増(加重平均)が見込まれている。昨年のGDPが同6.1%減と、ここ20年余りで最大の落ち込みとなったことを踏まえると、今回の数字は景気の回復力が弱いことを示唆している。

タイ財務省は29日、2021年のGDP成長率見通しを4月時点の2.3%から1.3%に引き下げた。新型コロナ感染再拡大が4月に始まって以降、新規感染者数と死者数は過去最多を更新し続けている。一部のエコノミストは、今年下期にテクニカルリセッション(景気後退)に陥る可能性を指摘。さらに、アジア金融危機時の98年以来となる2年連続のマイナス成長を予想する向きもある。

新型コロナ感染拡大に見舞われたバンコク郊外の地域を訪問するボランティア(7月26日)
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT