高額でも「ゴツいSUV」が急に売れ始めた2つの理由

ラングラーやランクルが大人気となった背景

それなのにトヨタ以外の日本車メーカーは、同じサイズで異なる車種を作りわけられるSUVのメリットを生かせていない。日産は、かつて実用志向の正統派SUVとして「エクストレイル」、スポーティな「デュアリス」を同程度のサイズでそろえたが、後者は今では廃止されている。

今のトヨタ以外のメーカーは、軽自動車に力を入れる。2021年上半期の販売統計によると、日産の販売台数における軽自動車の割合は41%、ホンダはさらに多く57%にも達する。その結果、新車1台あたりの利益が減った。利益率を改善したいなら、効率よく開発できるSUVを充実させるべきだろう。

スバルは小規模メーカーだが、「インプレッサスポーツ」をベースにSUVの「XV」を開発した。

「インプレッサスポーツ」の車高を上げ、SUVテイストのデザインが与えられた「XV」(写真:SUBARU)

XVの人気は高く、本家ともいえるインプレッサスポーツの1.7倍も売れている。スバルは「フォレスター」をラフロード派のSUVに仕上げ、XVとの違いを明確にしたことも、2車種のSUVが共存できた理由だ。

また、今ではトヨタも含めてすべてのメーカーが、販売系列ごとの車種ラインナップを廃止し、全販売店が全車種を扱う。そのため、トヨタのシティ派SUVであれば、ヤリスクロスのユーザーをC-HR、さらにハリアーへと上級車種に導くことも可能だ。

利益アップにも電動化にも

昨今の乗り換えのトレンドは、小さなクルマに乗り換えるダウンサイジング、あるいはホンダ「N-BOX」を一貫して乗り継ぐようなイコールサイジングが主流だが、これでは発展性が乏しく、客単価アップも見込みづらい。

SUVを上手に活用すれば、生活環境などの変化に応じたアップサイジングを促しやすいから、伸び悩む新車需要を改善できる可能性を秘めているといえる。また、SUVは車高が高いので、床下にリチウムイオン電池を搭載するEV(電気自動車)やPHEV(プラグインハイブリッド)を開発するにも有利だ。

SUVは、さまざまな意味で時代の流れと親和性が高い。シティ派/ラフロード派/本格オフロード派という作りわけを含め、いかにSUVの価値を引き出す商品開発を行えるかが、重要な時代になったといえる。

この記事の画像を見る(11枚)
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT