20万人登録YouTuberが「半年で収益化」した方法

ブログとの相乗効果や「動画作成のコツ」を紹介

「どのくらいYouTubeで稼ぐことができるか」具体的な数字が知りたいという人のために、私が運営している「【投資家】ぽんちよ」の登録者数・収益の推移を表にまとめました。

画像:『めざせFIRE!知識ゼロから経済的自由を勝ちとる』

チャンネルによって再生単価・再生数が異なるため、私と同じ登録者数でも、もっと稼いでいるチャンネルもあれば、そうでもないチャンネルもあります。

収益の推移を振り返ると、私のYouTube初給料は5万8622円でした。6万円弱では「副業>生活費」とはなりませんが、ふつうの会社員が給料以外に5万円の収入があれば、かなりの副収入です。翌月には10万円を超えています。当時、節約も始めていたので、その時点で「副業>生活費」を達成しました。しかし、動画作成に費やす時間も月100時間ほどあったため、副業の時給は1000円ほどでした。このため、「YouTubeで稼いでいる」という意識はありませんでした。

その後、チャンネルが成長していき、登録者2万人になった頃にはYouTubeによる収入が30万円を超え、初めて本業の収入を上回りました。動画の再生数が伸びていくにつれ、YouTube広告収益以外のアフィリエイト収益も増えていきました。

そしてチャンネル登録者が6万人に達する頃には、月収が50万円を超えました。この頃から、「残業よりも副業のほうが稼げる」という意識が芽生え始め、できるだけ残業をしない努力をするようになりました(笑)。私のような会社員が運営している数万人規模のチャンネルでも、「副業収入>生活費」を達成できるほどの収益があります。YouTubeは、収益化までは難しいですが、夢のある世界なのです。

YouTuberの魅力は「お金」だけではない

YouTubeが収益化した当初は、「稼げるようになってうれしい」「もっと稼ぎたい」という思いで動画を作成していました。もちろん今でも、過去の自分の収益を超えることを目標にしています。しかし現在は、「お金を稼ぐ」以上に、「YouTuberとしての楽しさ」に魅力を感じています。

『めざせFIRE!知識ゼロから経済的自由を勝ちとる』(主婦の友社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

YouTuberとして知名度が出てきた登録者4万人の頃には、企業から講演会のお誘いがあり、大阪と東京で演者として登壇しました。

平凡な会社員として暮らしていたら、自分の講演会をする経験などできなかったことでしょう。講演会を通して視聴者と仲良くなり、食事に行くこともあります。

その後も「雑誌の取材を受ける」「ウェブ上でセミナー(ウェビナー)を行う」「YouTuber仲間と食事に行く」など刺激的な体験をすることができました。

そして、仕事のあとに毎日ファミレスに寄り、死にものぐるいでこの本の執筆に取り組む生活など、YouTubeを始める前には考えもしないことでした。このような、ふつうの人生では味わえない体験をして、次は何が起こるかとワクワクする。これぞYouTuberという生き方の醍醐味です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT