渋谷駅、谷底に広がるダンジョンの今【動画】

ここまで複雑な構造になったのには理由がある

JR東日本によれば2019年度の駅乗車人員で、渋谷駅は6位。かつては新宿・池袋に次ぐトップ3の常連でしたが2016年度以降は東京、品川、横浜を下回っています。

2013年3月に東急電鉄東横線が東京メトロ副都心線と相互直通運転を開始して乗り換えが必要なくなったという影響も指摘されています。

ただ、これには駅の複雑さが敬遠されているのではという声もあります。

画像をクリックすると『週刊東洋経済プラス』の「俺たちの『渋谷』は終わったのか」特集ページにジャンプします

地上3階から地下5階まで広がる複雑な多層構造の駅で、「ダンジョン」などと言われることもある渋谷駅。なぜ、こんなにも複雑な構造になったのでしょうか?

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済プラス』の特集「俺たちの『渋谷』は終わったのか?」から一部を動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの中島未麗歌と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明が、渋谷駅の歴史を踏まえてポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井佐和子、撮影:今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT