本当?ドラゴン桜「性格悪い奴は東大落ちる」根拠

「藤井」のモデルが語る成績向上に必要な資質

そもそも勉強というのは、「向上心」から行うものです。

「もっと頭が良くなりたい」

「いい学歴が欲しい」

「将来もっと稼げるようになりたい」

そういった願望があって、自分を高めようとして努力するのがつねだと思います。努力って「自分に足りない部分がある」から行うものですよね。「数学ができない」「もっと英語ができたらいいのに」と自分の至らない部分を自覚しているからこそ、努力を積み重ねていくのだと思います。

そのときにいちばん重要になってくるのは、「自分のどこができていないか」と向き合うことです。頭のいい人や東大に合格する生徒は、自分を客観的に分析する能力が高いです。しっかりと「自分はここができていないから、こういうふうに勉強しよう」という思考を組み立てられ、だからこそ成績をどんどん上げていくことができます。

テストは満点より悪いほうが意味がある

模試で全国1位を取った東大生に話を聞いたことがあるのですが、彼は模試の成績が悪ければ悪いほど喜んでいたと語っていました。

「満点だったら、自分ができていないポイントが1個もわからなかったということ。逆に点数が悪かったら、その分、自分のできていないポイントがたくさんわかったってこと。だからこそ、点数が悪いほうが自分の至らないポイントがわかって、模試を受けた意味があったってことだと思う」

これと同じように、模試や他人からの評価・他人の指摘に対して、しっかり耳を傾ける人は成績が上がりやすいです。客観的に自分が至らないポイント、つまり対策すればもっと上にいけるという箇所をしっかりと聞き入れる素直さを持っているからこそ、努力を積み上げられるのです。

そう考えると、受験も仕事も、実は評価するのって自分ではないですよね。テストを採点するのは大学側です。仕事の評価を下すのは自分ではなく、先方の会社であり、顧客です。つまりは、自分が評価者ではないのです。それなのに、自分だけの評価で「自分はこうなんだ」と考えるのって、実は傲慢なことなんですよね。

次ページ僕は客観的に分析できていなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT