妻に過去の失態を蒸し返される夫が知らない心理

思い出すたびに傷つくから都度謝る必要がある

過去の記憶は感情とともによみがえります(写真:kotoru PIXTA)
男性の中には、女性が困っているときに相談を受け、解決策を考え提示したところ、なぜか不機嫌になってしまったという経験をした人は少なくないだろう。また、過去の話を何度も何度も蒸し返されて怒りをぶつけられるということもあるはずだ。
「子どもを産んだ妻を夫が散々イラつかせる理由」(2021年5月12日配信)に続いて、男女の脳の使い方の違いを30年以上研究し、大人気「トリセツ」シリーズを手がけた黒川伊保子氏の著書『不機嫌のトリセツ』より、一部を抜粋、再構成してお届けする。

女性の会話は、共感で始まり、共感で終える。

誰かが、自分の身に起こった「大変だったこと」「ひどかったこと」を訴えたとき、女性はみな、無意識のうちに、同じことをする。それは、深い共感と、過去に自分の身に起こった同様の体験のプレゼントだ。「わかるわ~。私にも、こんなことがあった」という返し方である。

「昨日、客に、こんなことを言われたの。へこんだわ~」

「わかるわ~。それ、へこむよね。私なんて、こんなこと言われた」

「先週、ぎっくり腰、やっちゃって」

「うわ、ぎっくり腰は痛いよねぇ。私なんて、ベランダで動けなくなって、1時間はそこにいたっけ」

自分に同様の体験がない場合は、他人を引き合いに出してでも、それをする。「ぎっくり腰やっちゃって」「え~、大変。ぎっくり腰って、痛いのよねぇ。私はなったことないけど、京都の叔母が泣いてたもん」

話し相手が、京都の叔母を知らなくても、そんなことはかまいやしない。とにかく、なにがなんでも、共感+同じ体験返し、である。

多くの男性は、この掟を知らない。だから、いきなり「こうすりゃいいのに」とアドバイスを返したりして、ムカつかれるのである。

次ページ女性脳に搭載された危機回避能力の1つ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT