妻に過去の失態を蒸し返される夫が知らない心理

思い出すたびに傷つくから都度謝る必要がある

過去の記憶は感情とともによみがえります(写真:kotoru PIXTA)
男性の中には、女性が困っているときに相談を受け、解決策を考え提示したところ、なぜか不機嫌になってしまったという経験をした人は少なくないだろう。また、過去の話を何度も何度も蒸し返されて怒りをぶつけられるということもあるはずだ。
「子どもを産んだ妻を夫が散々イラつかせる理由」(2021年5月12日配信)に続いて、男女の脳の使い方の違いを30年以上研究し、大人気「トリセツ」シリーズを手がけた黒川伊保子氏の著書『不機嫌のトリセツ』より、一部を抜粋、再構成してお届けする。

女性の会話は、共感で始まり、共感で終える。

誰かが、自分の身に起こった「大変だったこと」「ひどかったこと」を訴えたとき、女性はみな、無意識のうちに、同じことをする。それは、深い共感と、過去に自分の身に起こった同様の体験のプレゼントだ。「わかるわ~。私にも、こんなことがあった」という返し方である。

「昨日、客に、こんなことを言われたの。へこんだわ~」

「わかるわ~。それ、へこむよね。私なんて、こんなこと言われた」

「先週、ぎっくり腰、やっちゃって」

「うわ、ぎっくり腰は痛いよねぇ。私なんて、ベランダで動けなくなって、1時間はそこにいたっけ」

自分に同様の体験がない場合は、他人を引き合いに出してでも、それをする。「ぎっくり腰やっちゃって」「え~、大変。ぎっくり腰って、痛いのよねぇ。私はなったことないけど、京都の叔母が泣いてたもん」

話し相手が、京都の叔母を知らなくても、そんなことはかまいやしない。とにかく、なにがなんでも、共感+同じ体験返し、である。

多くの男性は、この掟を知らない。だから、いきなり「こうすりゃいいのに」とアドバイスを返したりして、ムカつかれるのである。

次ページ女性脳に搭載された危機回避能力の1つ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT