トヨタとホンダ、電動化の新戦略で決定的な違い

王者も従来計画のままではいられなかった

新たに打ち出した電動化戦略。トヨタとホンダは対照的だ(写真:鈴木紳平、大澤誠)

「少なくとも、トヨタはあんな宣言はしない」――。

ホンダが4月23日に業界を驚かす大胆な電動化目標をブチ上げた後、トヨタ自動車の幹部は否定的な口調でそう述べていた。

5月12日、トヨタ自動車も従来の電動化計画を改め、地域別の具体的な数字と一歩踏み込んだ目標を打ち出した。「今、海外の投資家は企業のカーボンニュートラルの取り組みに一番関心を持っている。とくに欧州の投資家は数字を示さないと話がかみ合わない」(トヨタ関係者)。

ホンダに対抗したという向きもあるが、投資家の理解を得るには具体的な数字を出さざるを得なかったのが実情だ。

東洋経済プラスで配信する連載「電動化への大号砲」で、この記事の続きが無料でお読みいただけます。連載では以下の記事も配信しています。

EVに全集中、ホンダの大胆すぎる「生存戦略」

ホンダの「豹変」でサプライヤーも発奮

ホンダ「電動化100%目標」に3つの焦点

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT