「やる気のない人」を劇的に変える質問のコツ

人は「自分で選んだこと」であれば頑張れる

「先生はプロだからわかりますよね?」と、ある学生が発言した。

「私のレベルだと、何時間ぐらい勉強すればトップ校に入れますか?」

今こそあの数字を伝えるときだ。この段階になれば、学生たちも「300時間」という数字を受け入れる準備ができている。これは10週間のコースなので、割り算をすれば1週間に必要な勉強時間もすぐにわかる。つまり1週間に5時間ではとても足りないということだ。これで学生たちもやっと本気になり、より現実に即した学習プランを立てることができる。

質問の効果は絶大だった。学生たちの勉強時間が増え、授業の理解度が上がり、テストの成績も上がった。こうなったのは、ナフィーズが上から「もっと勉強しろ」と言ったからではない。学生たちが自分で気づけるように、ナフィーズがうまく導いたからだ。

人は自分が考えて出した答えなら喜んで従う

質問の効果は、具体的には2つある。1つはメニューの提供と同じで、相手の役割を変えるという効果だ。こちらが断言すると、相手はそれに反論することばかり考える。

しかし質問なら、答えを自分で見つけようとする。自分はどう感じるか、自分の意見はどうかということを自由に考えられる。これはたいていの人にとってとても楽しい作業だ。

そしてもう1つは、相手が思いどおりに動いてくれる可能性が高くなるということ。こちらの効果のほうがより重要だろう。人は他人の指示には従いたくないが、自分で考えたことなら喜んで従う。質問への答えは、単なる答えではない。ほかならぬ自分が出した答えだ。自分が出した答えなのだから、自分の考え、価値観、好みを反映している。人に言われたことより、実行する可能性ははるかに高くなるだろう。

次ページ「説教くさい」と逆効果
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT