なぜ英ポンドは、主要国通貨で最強なのか

イングランド銀行は年内に利上げも?

4半期報告をするイングランド銀行のカーニー総裁。英国のインフレ率はどうなるか(ロイター/アフロ)

ドル円相場は現在膠着状態だが、いま先進国通貨の中で、最も強い通貨といえばポンドだろう。ポンド/ドル相場は7月4日に一時1ポンド=1.7180ドルと、2008年10月以来の高水準までポンド高が進んだ。過去1年間の対ドル上昇率もプラス13.9%とG10通貨のなかで最も通貨高が進んでいる。

イングランド銀、いよいよ利上げへ?

こうしたポンド高の背景には、(1)堅調な景気回復(2)BoE(イングランド銀行)のタカ派シフトがある。こうした要因を背景とする英米金利差の拡大が、ポンド/ドル相場を押し上げてきた。

少し詳しく見てみよう。第1の「堅調な英国経済の景気回復」だが、総合PMIでみた企業の景況感は、2013年後半に急上昇した後、60前後の高水準での推移を続けている。また、住宅市場の反発による資産効果が個人消費を押し上げているほか、2013年半ば以降は労働市場も急速に回復。4月の失業率は6.6%と、2009年1月以来の低水準まで改善した。

こうしたなか、1~3月期実質GDP成長率は前年比プラス3.0%と、2007年4~6月期以来の高水準に達した。バークレイズは堅調な景気回復が年内も継続すると見込んでおり、2014年全体の成長率がプラス3.1%と2013年のプラス1.7%から大幅に加速すると予想している。

次ページポンド相場の最大のリスクとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT