トヨタ「新発社債」の金利が物語る信用力の高さ

サステナビリティ債の発行総額1300億円に内定

トヨタ自動車が起債するサステナビリティーボンド(環境・社会貢献債)の発行総額が1300億円に内定した。国内で機関投資家向けに公募されるサステナビリティー債としては過去最大になる見込み。

12日に年限5年と10年の2本立てで起債する。関係者によると、発行予定額は5年債が700億円、10年債が600億円。発行条件は11日までに5年債が利率0.05%、10年債が国債上乗せ金利11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)に内定しており、12日に確定する。主幹事は野村証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、大和証券、みずほ証券。

トヨタのサステナビリティー債は国内最大にPhotographer: Toru Hanai/Bloomberg

ブルームバーグのデータによると、国内の機関投資家向けサステナ債では鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)が2019年に発行した総額430億円がこれまでの最大額で、トヨタ債はこれを大幅に更新することになる。グリーンボンド(環境債)やソーシャルボンド(社会貢献債)などを含めたESG(環境、社会、企業統治)債全般では、東日本高速道路が20年に出した社会貢献債の総額1300億円と並び最大になる見通しだ。

サステナ債はトヨタとして初めて。同社は2日にSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを加速させる戦略の一環として「ウーブン・プラネット債」と名付けた資金調達計画を発表した。外貨建てでも起債し、12日の機関投資家向けと合わせて最大4000億円程度を調達するとしている。

12日は個人投資家向けに5年債1000億円も起債する予定だ。トヨタは静岡県裾野市に実験都市「Woven City(ウーブン・シティ)」の建設を進めており、調達した資金はこの街づくりへの設備投資のほか、二酸化炭素削減や再生可能エネルギーなど先端技術の実証実験のための資金や研究開発費などに充てる。

(第3段落以降を追加します)

著者:森田理恵、間一生

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT