後発薬大手、日医工が「製造不正10年」の唖然

ワンマン社長の売上高至上主義が招いた歪み

2020年から相次いだ日医工の製品自主回収は75品目に上る(編集部撮影)

「現場に無理をさせすぎた。自社の成長スピードに対応できていなかったことが今回の件につながってしまい、深く反省している」

後発医薬品メーカーで国内最大手クラスの日医工が3月3日、製造や品質管理に問題があるとして、富山県からおよそ1カ月間の業務停止命令を受けた。同日の会見で同社の田村友一社長は冒頭のように陳謝。田村社長は3カ月間無報酬、副社長以下の役員3名も3カ月間の減俸処分となった。

同社では2020年4月以降、製品の自主回収が相次ぎ、これまでの回収品は75品目にも上る。一連の回収のきっかけになったのが、富山県が2020年2月に行った同社富山第一工場への事前通告なしの抜き打ち査察だ。

この10年間の査察は“合格”していた

この査察によって、出荷試験で不適合となった製品は別のロットで再試験を行ったり、製品を再粉砕・再加工した後で試験を行ったりしていたことが判明。こうした、本来の手順として認められていない不正な対応が2011年頃から10年近く続けられてきた。

富山第一工場は2年おきに富山県の査察を受けてきたが、10年間この査察をパスし続けてきたことになる。「(抜き打ちの査察で)本来の手順にない資料や、置いてあったメモ書きが今回の発見の端緒になった。隠蔽などがあったわけではない」(富山県の担当者)。現在、日医工の製造した薬について健康被害の報告はないという。

「現場では欠品を避けることが絶対で、法令遵守の意識が不足していた。設備投資は進めてきたが現場にかなりの負担があり、社員に対しての教育も不十分だった」と田村社長は会見で釈明した。

次ページ売り上げ拡大の強いこだわり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT