株投資の熱狂が「持てる者を一層豊かに」の現実

米フィデリティCEOの資産は33億ドルも増えた

新型コロナウイルス禍の中で米ロビンフッド・マーケッツが提供する株式取引プラットフォームは多くのデイトレーダーを引き寄せて注目を集めたが、個人の投資熱は米投資信託運用会社フィデリティ・インベストメンツの経営者一族に多大な利益をもたらした。

アビゲイル・ジョンソン氏写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

同社の2020年の営業利益は72億ドル(約7800億円)と過去最高を記録し、リテール口座数は17%増えて2600万口座に達した。アビゲイル・ジョンソン最高経営責任者(CEO)の資産は33億ドル増の265億ドルと、女性では世界8位の富豪となった。

アビゲイル氏と父エドワード(ネッド)氏らジョンソン一族はフィデリティの親会社FMRの株式の約半分を所有。世界の資産家500人を対象とするブルームバーグ・ビリオネア指数の最新番付によると、一族の資産は計約600億ドルに膨らんだ。

アビゲイル氏(59)は14年に父親の後任としてCEOに就任。フィデリティは3兆8000億ドルを運用する。

原題:Trading Frenzy Lifts Johnson Family Fortune to $60 Billion(抜粋)

著者:Devon Pendleton

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT