株投資の熱狂が「持てる者を一層豊かに」の現実

米フィデリティCEOの資産は33億ドルも増えた

新型コロナウイルス禍の中で米ロビンフッド・マーケッツが提供する株式取引プラットフォームは多くのデイトレーダーを引き寄せて注目を集めたが、個人の投資熱は米投資信託運用会社フィデリティ・インベストメンツの経営者一族に多大な利益をもたらした。

アビゲイル・ジョンソン氏写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

同社の2020年の営業利益は72億ドル(約7800億円)と過去最高を記録し、リテール口座数は17%増えて2600万口座に達した。アビゲイル・ジョンソン最高経営責任者(CEO)の資産は33億ドル増の265億ドルと、女性では世界8位の富豪となった。

アビゲイル氏と父エドワード(ネッド)氏らジョンソン一族はフィデリティの親会社FMRの株式の約半分を所有。世界の資産家500人を対象とするブルームバーグ・ビリオネア指数の最新番付によると、一族の資産は計約600億ドルに膨らんだ。

アビゲイル氏(59)は14年に父親の後任としてCEOに就任。フィデリティは3兆8000億ドルを運用する。

原題:Trading Frenzy Lifts Johnson Family Fortune to $60 Billion(抜粋)

著者:Devon Pendleton

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT