地上波から消えた「山田花子」がつかんだ幸せ

大阪に生活拠点を移し、東京への心残りはない

大阪に拠点を移した山田花子さん(写真:朝日新聞社)

かつてバラエティー番組で大活躍した、お笑いタレントの山田花子(45)。その天真らんまんなキャラクターはお茶の間で存在感を放っていたが、いつの間にか、テレビで見かける機会はめっきり減った。2010年にトランペット奏者の福島正紀さんと結婚したが、今は何をしているのだろうか。

インスタグラムには、長男(8)と次男(4)の愛らしい投稿であふれている。実は山田、家庭を築いた後は地元の大阪に「Uターン就職」し、2人のわんぱく少年を育てるママになっていたのだ。本人を直撃した。

――今はご家族4人で大阪暮らしです。大阪にUターンしたきっかけは何ですか。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

 2012年に長男を生んで、その後もしばらく東京にいたんですけど、大阪での仕事も多くて、移動にすごく時間を取られていたんです。子どもと過ごす時間を優先したかったので、16年に思い切って大阪行きを決めました。夫はすんなりOKしてくれました。

今はなんばグランド花月で新喜劇の舞台に出ています。新喜劇の仲間たちをはじめ、大阪には昔なじみの人たちがたくさんいるので楽しい。東京よりもリラックスできています。

Uターンして心残りはない

それに、劇場の近くに住んでいるから、子どもの送り迎えもできるし、子どもに何かあったらすぐに帰れる。東京で40分~50分かけて電車通勤していた頃と比べると、だいぶいい環境です。

ただ、新喜劇も楽ではないです。夜の稽古が多いし、正月の特番の時期などは朝までやる時もあるので大変。いつもは21時ごろに始まって、3~4時間稽古。稽古の日の子どもの寝かしつけは、夫に任せています。

2人の息子と遊ぶ山田花子さん(写真:本人提供)

――Uターンしてみて、後悔や東京への心残りはありますか。

 ないです! 私の場合は「都会でアカンかったから戻ってきたんだろ」っていうイメージを持たれがちでしたが、やっぱり地元のほうがいい。知り合いが多いところのほうが安心しますし、家賃も東京より安くて、広いところに住めますから。

 唯一の心配が、千葉出身の夫がなじめるかどうかということでした。でも、腕のいい整骨院とおいしいラーメン屋を見つけたことを機に、気に入ってくれています。

次ページ地上波に未練は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT