37路線の「高速道路無料化」案に賛成?反対?--東洋経済1000人意識調査

37路線の「高速道路無料化」案に賛成?反対?--東洋経済1000人意識調査

6月から実施予定の高速道路無料化。バラまき政策の1つだが評判はよくない。「反対」「どちらかといえば反対」の合計は52%超。東北と中国以外の6地域で反対が賛成を上回っている。自動車を保有している人の過半も反対している。



■自動車の保有・非保有別の集計 (%)


■地域別の集計(%)


■性別・年齢別の集計(%)

【調査概要】
調査方法:インターネットウェブ定量調査
調査対象:全国の15~60代男女1000人(中学生は除く)
割付方法:全国8地域・性・年代(10歳刻み) 人口動態割付
調査期間:2010年3月22~23日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【実査委託先】Yahoo!リサーチ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。