人気沸騰ウイスキー「注目高まる」3つの生産地

ビジネスパーソンの教養としてのウイスキー

②ウイスキー生産・消費量ナンバー1「インド」

現在のウイスキー生産・消費量ナンバー1はインドです。人口約12億人のインドは、世界のウイスキーの約半分の量が消費されている国です。また、生産量においても、世界ランキングトップ10のうち7ブランドがインド産ウイスキーという状況です。

インドでウイスキーが飲まれ始めたのは18世紀、インドがイギリスの植民地だった時代に、インドにいるイギリス兵のためにスコットランドのウイスキーが大量に輸入されていました。1820年後半にはインド国内に蒸溜所が誕生したようです。世界の品評会で賞を獲得するインディアンウイスキーも登場し、国際的な評価も高まっています。

③さまざまなスタイルでウイスキーを造る「フランス」

フランスのウイスキー蒸溜所の特徴は、さまざまなスタイルでウイスキーを造っているところです。ウイスキーの熟成にはワインの樽を用いている場合が多く見られます。フランスでは、昔からブランデー、コニャック、アルマニャック、カルヴァドスなど、さまざまな蒸溜酒を造ってきた歴史があります。

フランスでのウイスキー造りは、ブルターニュ地方で始まりました。ブルターニュ地方はケルト系ブルトン人の文化が強く残っている地域です。スコットランド、アイルランド、ウェールズとブルターニュ地方はケルト文化圏としてリンクしているため、ケルティックウイスキーを造ろうという動きもあるようです。

『ビジネスエリートが身につける教養 ウイスキーの愉しみ方』(あさ出版)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ウイスキーに40年関わってきた私から見ても、ウイスキーがこれほどさまざまな角度から注目されていたことはありません。今こそ、ウイスキーについて知るには最適なタイミングといっていいでしょう。

2度目の緊急事態宣言を受け、オンライン飲み会などで友人や仕事関係者と飲む機会がまた増えてきそうです。そういったときに、ウイスキーにまつわる裏話をしてその場を盛り上げることができれば、ビジネスでもプライベートでも一目置かれるかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT