「ソウルフル・ワールド」でも健在のピクサー魂

配信公開切り替えでも世界中の視聴者を魅了

ディズニー&ピクサーの23作目の長編映画『ソウルフル・ワールド』は、2020年12月25日からディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」で配信されている © 2020 Disney/Pixar.

『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、イマジネーションあふれるユニークな世界を舞台に、数々の感動作を手がけてきたアニメーションスタジオのディズニー&ピクサー(以下ピクサー)。

ピクサー23作目の長編映画は配信で公開

そんな彼らの23作目の長編映画となる最新作『ソウルフル・ワールド』(原題:Soul)が、2020年12月25日からディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」で配信されている。評判も上々で、SNS上では「感動した」「面白かった」「本年度ナンバーワン」といった絶賛の声が数多く寄せられている。

監督を務めているのは、ピクサーの最古参メンバーのひとりで、現在はチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めているピート・ドクター氏。彼は『トイ・ストーリー』(1995年)で原案、『モンスターズ・インク』(2001年)で監督デビュー。『ウォーリー』(2008年)では脚本・原案&製作総指揮。そして『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)、『インサイド・ヘッド』(2015年)で2度のアカデミー賞に輝くなど、ピクサー作品を語るうえで欠かせないキーパーソンだ。

そしてドラマ「スター・トレック:ディスカバリー」、映画『あの夜、マイアミで』の脚本家ケンプ・パワーズが共同監督を務めている。

本作の主人公は、ニューヨークでジャズ・ミュージシャンを夢見る音楽教師ジョー。彼は夢がかなう直前にマンホールに落下してしまい、ソウル<魂>たちが集まる世界に迷い込む。

次ページ物語のあらすじ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT