「ソウルフル・ワールド」でも健在のピクサー魂

配信公開切り替えでも世界中の視聴者を魅了

ディズニー&ピクサーの23作目の長編映画『ソウルフル・ワールド』は、2020年12月25日からディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」で配信されている © 2020 Disney/Pixar.

『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、イマジネーションあふれるユニークな世界を舞台に、数々の感動作を手がけてきたアニメーションスタジオのディズニー&ピクサー(以下ピクサー)。

ピクサー23作目の長編映画は配信で公開

そんな彼らの23作目の長編映画となる最新作『ソウルフル・ワールド』(原題:Soul)が、2020年12月25日からディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」で配信されている。評判も上々で、SNS上では「感動した」「面白かった」「本年度ナンバーワン」といった絶賛の声が数多く寄せられている。

監督を務めているのは、ピクサーの最古参メンバーのひとりで、現在はチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めているピート・ドクター氏。彼は『トイ・ストーリー』(1995年)で原案、『モンスターズ・インク』(2001年)で監督デビュー。『ウォーリー』(2008年)では脚本・原案&製作総指揮。そして『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)、『インサイド・ヘッド』(2015年)で2度のアカデミー賞に輝くなど、ピクサー作品を語るうえで欠かせないキーパーソンだ。

そしてドラマ「スター・トレック:ディスカバリー」、映画『あの夜、マイアミで』の脚本家ケンプ・パワーズが共同監督を務めている。

本作の主人公は、ニューヨークでジャズ・ミュージシャンを夢見る音楽教師ジョー。彼は夢がかなう直前にマンホールに落下してしまい、ソウル<魂>たちが集まる世界に迷い込む。

次ページ物語のあらすじ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT