46歳「昆虫食」を究める彼女の真っすぐな生き方

「世界を救う」なんて意識の高いことじゃない

昆虫を食べる人の絶対数は、確実に増えている。2013年にはFAO(国際連合食糧農業機関)が昆虫食を勧める発表をしたのも大きかった。『昆虫食は世界を救う』という、かなり意識が高いスタンスで昆虫食をはじめている人もいる。

「盛り上がりましたけど、ただ私はあまり興味がないんですよね。昆虫食が地球を救ってもいいけど、別に救わなくてもいい。実際、ほかの食材と比べて、ものすごい栄養価があったりするわけでもないんですよね。環境に対しても実際のところはまだわからない。軽はずみに『地球を救う』なんて言っちゃっていいのかな?という気持ちもあります。そしてそういう高い意識だけで昆虫食をしても、なかなか長続きしないと思うんです」

また“意識が高い”昆虫食の調理法だと、昆虫の形を隠す場合が多い。ペーストにしてソースに使用したり、粉末にして混ぜ込んでしまったりする。

「オシャレでスタイリッシュなのって、私にはつまらないんです。昆虫は形がわかる調理方法で食べたい。実際、食べる抵抗感を低くする必要ってないと思うんです」

そのままの形で調理されているカイコの薬膳サラダ(左)とスズメガタコス(写真:ギリコさん提供)

そんな思いもあり、2020年9月に『スーパーフード! 昆虫食最強ナビ』(辰巳出版)という2冊目の単行本を発売した。

昔から食べられてきた食材

「前回の本よりも、さらに掘り下げて昆虫食について書きました。虫は特別な食材ではなく、昔から食べられてきた食材なんだということをお伝えしたく、あえて意識して虫の機能性や環境へのいい影響についてはあまり触れないようにしています。ある意味『世界を救わない昆虫の食べ方』が裏テーマですね。意識低く、昆虫を食べる本と言ってもいいかもしれません。

ただ“美味しく食べる”というのは大事にしています。美味しくないと続かないですからね」

「昆虫をそのままの姿で食べたい」(筆者撮影)

とギリコさんは笑顔で語った。

ギリコさんがテレビに出演した後は、ネット上でバッシングを受けることもあったという。

「昆虫食を取り上げるにしても、それとわからなくできるだろう」

と言われるそうだ。

ただギリコさんは

「昆虫をそのままの姿で食べたいと思い、そして食べている」

わけで、それはとても純真だと思った。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT