化粧水が美容の「マストアイテム」という大誤解

肌表面が本来持つバリア機能が弱まるリスク

角質層の保護や修復を最優先にするなら、化粧水は必要ありません。肌が本来あるべき状態にしてあげるだけで、肌は負担なく健康な状態を維持することができるようになるのです。

ところで、肌本来の機能を保ちながら美しく歳を重ねていくために、どうしてもみなさんにやっていただきたいことがあります。

それは“毎日かならず日焼け止めを塗ること”。 肌を老化させる最たる要因は、「紫外線」です。その紫外線を防御することが、長い目で見ると肌の機能にもっとも大きな効果を発揮します。なんともシンプルな方法ですが、肌の老化をできるかぎり抑えるためには、とにかく毎日欠かさずに、日焼け止めを塗ってください。

肌老化の原因の約8割が紫外線だといわれます。UVAは皮膚の奥に届いてシワやたるみの原因となりますし、UVBは色素沈着を引き起こしますから、シミや黒ずみの原因となります。

「日焼け止めを塗る」アンチエイジング

こうした紫外線の影響による肌の老化のことを「光老化」と呼びますが、紫外線を長期にわたって浴びつづけると、美容の問題だけでなく、皮膚がんのリスクにもつながりますから、そうした意味でも予防は大切です。

『美容常識の9割はウソ』(PHP研究所)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そして数々ある化粧品のうちでも、この光老化に十分な効果を期待できるのは、じつは紫外線対策のみだといえます。「日焼け止めを塗る」というシンプルなケアが、光老化を予防するために自分でできる唯一にして、最大のアンチエイジング法なのです。

どんなに「若返り」や「アンチエイジング」をうたった化粧品を使っても、化粧品によって肌が若返ることは、残念ながらありません。

化粧品の目的は「肌を健やかに保つ」ことでしかないからです。でも、紫外線対策は誰にでもいますぐできて、かならず効果を発揮します。日焼け止めだけは1年を通して使用することをお勧めします。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT