外食不況とは無縁! 独り勝ちの回転ずし


 回転ずし業態が元気だ。特に1皿100円で提供する「かっぱ寿司」「スシロー」「くら寿司」は大にぎわいだ。週末になると、長時間待ちの家族連れで店はあふれ返る。

人気の理由は、割安感。同じ客層のファミリーレストランより客単価が低くても、1人当たりの注文点数が多いためお得感を見いだす客も多い。カウンターのすし店と違い、価格面での安心感もある。

家族客を引き付ける娯楽性も大きな魅力だ。ゲームを取り入れたタッチパネル式の注文画面や、新幹線をかたどった注文レーンなどが子どもたちの支持を集めている。

外食市場が縮む中でも回転ずしの成長率は年10%程度と、まさに独り勝ち状態。とはいえ不況のさなかで好調を維持するのは至難の業だ。100円ずし各社は今、さらに踏み込んだ集客策へと乗り出している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。