スカイマークに安全監査、業績好調でも懲りない不祥事の連鎖

スカイマークに安全監査、業績好調でも懲りない不祥事の連鎖

新興航空会社のスカイマークで安全に関するトラブルが頻発している。

前原誠司国土交通相は「安全の根幹が揺らいでいる」と問題視。3月15日から3週間、スカイマークへ運航や整備、安全も含めた経営全般に関する特別安全監査に入っている。

「すべての分野を対象にした長期監査は異例」(国交省幹部)で、結果次第では航空法に基づく重い処分が下される可能性がある。

中でも悪質なのが写真撮影だ。機長らが運航中の操縦席に客室乗務員を座らせ、進行方向を見ずに後ろ向きでピースサイン。航空法では操縦者に見張りの義務を課しており、これに抵触する。

他社の現役機長は「現在は自動操縦機能で運航精度は上がっているが、誰も前方を見ないのはありえない」と驚く。

さらには体調不良の客室乗務員の搭乗を認めなかった機長に対し、逆に経営陣は機長を交代させていたことも発覚した。社内規定では運航便の全権限は機長にあり、経営陣が介入するのは違反となる。

経営体制を問題視

スカイマークにとって不祥事は今に始まったことではない。

過去には経営陣が乗員組合を強制的に解散させたことで、機長らが競合他社へ転職し、整備士も大量退職している。2006年には整備トラブルが相次いで2カ月半の特別監査が入ったほか、08年は機長不足で大量欠航。このときは短期監査で厳重注意が出された。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT