スカイマークに安全監査、業績好調でも懲りない不祥事の連鎖

スカイマークに安全監査、業績好調でも懲りない不祥事の連鎖

新興航空会社のスカイマークで安全に関するトラブルが頻発している。

前原誠司国土交通相は「安全の根幹が揺らいでいる」と問題視。3月15日から3週間、スカイマークへ運航や整備、安全も含めた経営全般に関する特別安全監査に入っている。

「すべての分野を対象にした長期監査は異例」(国交省幹部)で、結果次第では航空法に基づく重い処分が下される可能性がある。

中でも悪質なのが写真撮影だ。機長らが運航中の操縦席に客室乗務員を座らせ、進行方向を見ずに後ろ向きでピースサイン。航空法では操縦者に見張りの義務を課しており、これに抵触する。

他社の現役機長は「現在は自動操縦機能で運航精度は上がっているが、誰も前方を見ないのはありえない」と驚く。

さらには体調不良の客室乗務員の搭乗を認めなかった機長に対し、逆に経営陣は機長を交代させていたことも発覚した。社内規定では運航便の全権限は機長にあり、経営陣が介入するのは違反となる。

経営体制を問題視

スカイマークにとって不祥事は今に始まったことではない。

過去には経営陣が乗員組合を強制的に解散させたことで、機長らが競合他社へ転職し、整備士も大量退職している。2006年には整備トラブルが相次いで2カ月半の特別監査が入ったほか、08年は機長不足で大量欠航。このときは短期監査で厳重注意が出された。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。